イメージ

バストアップについて

バストアップしたい女性は沢山いて大きくなればいいと思っている人もいるでしょう。日本人の平均的バストはBからCカップとなっているので、コンプレックスを持っている人もいるかもしれません。

様々なバストアップ方法が世の中には溢れており、試している人もいるでしょう。本当にバストが大きくなるのかと不安に思っているかもしれません。

しかしやみくもにやっていても胸が大きくなるわけではなく、まずはバストについて理解し、どうすれば大きくできるのかをしっかりと把握するようにしましょう。

■何故胸が大きくなるのか

そもそも女性の胸はどのようにして大きくなるのでしょうか?

まずは成長期を迎える小中学生の頃から、バストは大きくなります。それは女性ホルモンの分泌が始まることによって、胸の乳腺が発達してバストも大きくなり、それと同時に体全体が女性らしい体になっていくのです。

そして乳腺を守るために脂肪が周りに付き、それにより豊かな胸へと変化していきます。胸を大きくするには女性ホルモンの分泌が不可欠です。

そのためにバストを大きくするためには女性ホルモンの分泌を促すような事をすれば効果が表れてきます。

■女性ホルモンの分泌促進方法

女性ホルモンの分泌を促す方法としては、マッサージやエクササイズや体操を行う、ツボを押して乳腺を刺激する、筋トレでバストを支える大胸筋の筋肉をつけるなどの方法があります。

また食事から女性ホルモンを摂取することも有効とされています。

ただしここで気をつけなければいけないのが、女性はダイエットをしている方も多く、中にはダイエットでスリムな体になりたいと頑張っている人もいます。

バストは脂肪で構成されていますので、無理にダイエットをすると胸にまで影響を与えることにもなります。

ダイエットには注意した方が良いです。過度のダイエットは女性ホルモンの分泌を阻害し、女性としての体の成長を止めることになり、生理などにも影響が出てきます。

バストアップをするには、体に負担のかからないような方法で行うべきでしょう。

説明

バストアップと女性ホルモンの関係性について

ページのトップへ戻る